October 4,2006 07:27

DEAD SET

DEAD SET(動畫蒼穹之Fafner Right of Left印象曲)

唄:angela 作詞:atsuko 作曲:atsuko、KATSU 編曲:KATSU


目の前に広がってる この世界信じて
相信著在眼前展現的這個世界
同じ様で 同じでない日常はジオラマ
相似卻又不同的每一天是騙局
疑うこと知った時に 自分の足で立った気がした
明白了不解之事的同時 像是終於靠著自己站立起來
進むことに理由なんてない 今はただ行かなくちゃ
前進無須任何理由 只是現在必須出發

嗚呼 迷って 揺れ動いて 抱きしめた夢は途中
嗚呼 迷惘著 動搖著 在懷抱著夢想的路途中

加速した 残酷な現実は
殘酷的現實加速奔馳著
どんな風に僕を壊してくんだろう
會如何將我毀壞呢
計り知れない不安を 脱ぎ捨てた身体一つ
在無法計量的不安之下 捨棄脫開的僅有一具軀殼
脳裏には 残像がちらつくdaylight
在腦海中 殘像般一閃而過的daylight
どんな風に僕は笑っているんだろう
我會如何地笑著呢
せめて生きて 守るべき者に愛を届ける為に
至少要活下去 為了將愛傳達給必須守護的人

退屈で平坦な幸せに身を置いて
沈浸在無聊平坦的幸福中
覚醒してく行き場のない孤独に 怯えてる
害怕著覺醒之後無處可去的孤獨

嗚呼 辿って 生まれ持った 記憶は変えられない
嗚呼 溯尋著 出生便持有的 記憶無法改變

感情に翻弄されるがままだった
只能任憑自己被情感擺佈著
そんな僕が大人になる瞬間
那樣的我成為大人的瞬間
失いたくないと思える 温もりに気付いた時
發覺了不想失去的溫暖時刻
誰よりも強く在りたかった
想成為比誰都強的存在
真っ青に澄みきった空に誓おう
對著蔚藍澄澈的天空發誓
せめて生きて 守るべき者に愛を届ける為に
至少要活下去 為了將愛傳達給必須守護的人

無くなっても 砕け散っても
消失了也好 支離破碎了也好
記憶として残るのなら
如果能化為記憶留下
僕は思う 僕は走る
我心之所向 我奮力奔跑
愛を預け受け継ぐ者 繋がっている見えない糸で
委託給繼承這份愛的人 相連著而看不見的線
無限に
無限之中

加速した 残酷な現実は
殘酷的現實加速奔馳著
どんな風に僕を壊してくんだろう
會如何將我毀壞呢
計り知れない不安を 脱ぎ捨てた身体一つ
在無法計量的不安之下 捨棄脫開的僅有一具軀殼
脳裏には 残像がちらつくdaylight
在腦海中 殘像般一閃而過的daylight
どんな風に僕は笑っているんだろう
我會如何地笑著呢
せめて生きて 守るべき者に愛を届ける為に
至少要活下去 為了將愛傳達給必須守護的人

  • shiashu 發表於樂多回應(0)引用(0)歌詞翻譯編輯本文
    樂多分類:動漫畫切換閱讀版型 │昨日人次:0 │累計人次:1365 │標籤:歌詞,翻譯,FAFNER,angela,公開文章

    引用URL

    http://cgi.blog.roodo.com/trackback/2230790