January 20,2014 16:30

FF14 RMT アナリストの予想


相关的主题文章:


メキシコの第2四半期は4年ぶりマイナス成長、予想も引き下げ FF14 RMT (ロイター) FIFA14 RMT
[メキシコ市 20日 ロイター] - 第2・四半期のメキシコは4年ぶりにマイナス成長となった。政府の支出減少、消費低迷、輸出不振が製造とサービスの両分野に打撃を与えた。弱いGDPを受け、政府は2013年の成長率予想を引き下げた。第2・四半期国内総生産(GDP)は前期比0.74%減。ロイターが調査したアナリストは0.21%増を予想していた。前年同期比では1.5%増。アナリストの予想(2.32%増)を下回った。前期比マイナスは予想外だったものの、投資家は米量的緩和の縮小をにらみつつ、今年後半の成長回復を見込み、おおむねメキシコ中銀が政策金利を据え置くとの見方を維持している。 メキシコ政府は20日、5月に3.1%に引き下げた2013年の成長率予想を1.8%に下方修正した。政権交代後の歳出の減少により主要なインフラ(社会資本)プロジェクトが停滞。世界有数のセメントメーカー、セメックス<CMXCPO.MX>などの企業が打撃を受けている。 20日発表された6月の経済活動データによると、建設業は前年比マイナス6.8%と、深刻な不況の最中だった2009年以来、最大の落ち込みを示した。ブルティック・キャピタル・マーケッツの調査責任者アルベルト・バーナル氏は「ひどい数字だ。通年の成長率が2%近くになるリスクがはっきりした」と述べた。バークレイズは2013年成長率予想を2.5%から1.4%に引き下げた。昨年12月に就任したペニャニエト大統領は、成長を促進するため幅広い経済改革を打ち出しているが、一連の措置は進行中で、成果が出るのは早くて数カ月後となる。メキシコはここ10年、成長率でブラジルなどの新興国に後れをとってきた。金融危機の打撃を受けた米国と経済的結びつきが強かったことも災いした。 <米緩和縮小観測で身動きとれず>弱い成長データは普通、利下げの根拠になる。しかし、米量的緩和の縮小が近く始まると予想されているため、メキシコ中銀の対応余地は限られている。中銀は8月上旬、今年の成長率見通しを2─3%に下方修正する一方で、年後半に成長が持ち直すと予想した。一部アナリストは中銀と同様の見方をしており、キャピタル・エコノミクス(ロンドン)は顧客向けリポートで「第2・四半期が底で、その後成長は加速する」との見方を示した。メキシコ中銀は3月に政策金利を過去最低の4%に引き下げた。インフレは落ち着いているが、年内の追加利下げはないとの見方が大勢だ。*内容を追加して再送します。
メキシコの第2四半期は4年ぶりマイナス成長、予想も引き下げ (ロイター)

  • g54ferg515zr 發表於樂多回應(0)編輯本文
    切換閱讀版型 │昨日人次:4 │累計人次:2928 │標籤:FF14 RMT,FIFA14 RMT